金属アレルギー

口の中に金属があると口内炎が起きることがあります。

これは歯科用金属にはニッケル、コバルト、銀、金、パラジウムなど様々な金属がしようされており、どれかの金属にアレルギー用症状がある場合、金属除去が必要な場合があります。

 このとき大切なことが、どの金属にアレルギーがあるかをしっかりと診断することです。

パッチテストをいって歯科用金属を皮膚に貼って、アレルギー症状のチェックをします。当院ではかかりつけ皮膚科と連携をして診断を行ってから治療を行います。その後当然ですが、金属なしの被せものを切り替えていきます。

 

 但し、ここで注意が必要点があります。1つ目が金属を除去する際に金属アレルギー症状が悪化することがること。2つ目が金属を除去してもなかなか口腔内の金属アレルギー症状はすぐには良くならないことがあることです。そのため、まず金属を除去して仮歯にして経過をみて症状がどのように変化するかを様子をみることをお勧めします。