ながら磨き

・ながら磨き

毎日歯を磨いていたのにむし歯になってしまった……。そんな経験はありませんか?ここではわかっててもむし歯となってしまったあなたへもっとも歯磨きが生活のなかで上手にできる方法を紹介します。

 朝や日中が忙しい人も、夜は少し時間があるはずです。さらにむし歯は就寝中に進行しやすいので、一日の中でも夜の歯磨きには気合いを入れたいものです。それでもなかなか洗面台に向けない方は、ながら磨きをお勧めします。
 
ながら磨きにはひとつのコツが必要です。

1:歯磨き粉を使わない。そのかわり口をすすぐときに最後に使用する。
  歯磨き粉を使うとすぐに口の中が泡泡になってしまいます。歯磨き粉ではなく唾液で磨きます。

2:唾液は飲み込む。最初は抵抗がありますが、しょせんは自分の唾液、いつもは飲み込んでいるものです。
  唾液がたくさんでることでむし歯に対する抵抗力がつきます。 唾液の力?

3:いつも手が届くところに歯ブラシを置いておく。疲れたときは洗面所まではすごく遠いものです。
  色々なところにおいていつでも歯磨きがすぐにできるようにしましょう。

(例)
マイカー通勤の方など
夜;お風呂のなかで歯磨き。最後に歯磨き粉を使用してお薬感覚で歯、歯肉を消毒(発泡剤なしの商品)。
朝;職場に行くまでの車の中で歯磨き、職場でうがい。結構車の中は時間があります。
  歯ブラシは職場と家にあると便利です。 

・歯並びが悪い部分に注力

歯並びが悪く、歯と歯が重なっている部分は、特に虫歯の発生しやすいポイントです。出来ればデンタルフロスなどを使用して、綺麗な表面を保てるように気をつけましょう。この一手間が、虫歯の発生率をぐんと下げてくれます。
歯並びが気になる方は>>