ケアアイテムの紹介・使用方法

虫歯予防の定番アイテム・ケアグッズ

虫歯予防の便利アイテム・オーラルケアグッズ

原因除去のアプローチとしての毎日の歯磨きより楽しみながら行なうためにも、自分だけのお気に入りグッズを見つけるようにしましょう。

   デンタルフロス 
あれほどしっかり汚れを落としたはずなのに……。デンタルフロスを使うと一体これほどの汚れがどこから取れるのか? 不思議に思うこと間違いなし!

フロスの使用方法は歯面に沿わせるに使用します。可能であればフロスをした後に歯ブラシをすることをお勧めします。あまり歯肉に押しつけし過ぎると傷つけることがあります。歯肉につよく圧をかけ過ぎると歯肉退縮する可能性があります。
歯間ブラシ
歯ブラシで届かない歯と歯の間は、隙間が大きい場合には歯間ブラシを使用します。歯間ブラシのサイズは最初は小さいものから使用されることをお勧めします。
力が強すぎたり、無理な挿入や消耗したブラシを使い続けると歯を傷つけてしまいます。

ブリッジなどのかぶせものが入った場合は必ず歯間ブラシが必要となります。
 30歳以上で歯茎の隙間が気になる人にはオススメのアイテム。歯周病予防には定番です。すっきりした後の歯茎も心地いい感じになります。

 

      

ワンタフト
歯ブラシや歯間ブラシが挿入できない場合に使用します。
奥歯で歯ブラシが届かないところに使用します。

親知らずなどで磨きにくいところに使用します。

根分岐部の磨きにくい部位にも使用できます。歯間ブラシも入らないところに使用できます。 最近では、歯の表面に付着した、ヤニや着色などを綺麗に落とすための歯磨き粉なども人気があります。口の中は、普段は見えないところだからこそ、しっかりとお手入れをしておきたいものです。


洗口剤
しっかり歯磨きした後のリンスと殺菌効果。口臭予防の効果も期待できる。豊富な種類の中から自分にあった洗口剤を選択したいところです。さまざまな洗口剤がありますが、最も大切なのが歯磨きをしっかりしてから洗口剤を使用することです。 登院では、さまざまな洗口剤があります。口臭関連、ドライマウス関連および歯周病関連となど様々です。その人個人にあった洗口剤を選択することが必要です。市販のものはほとんどが歯周病関連の商品です。



 

 


歯磨き粉について
歯ブラシの選び方
歯ブラシの取り換え時期と保管方法