むし歯の基礎知識

虫歯になるメカニズムは?

歯の表面を爪などでひっかくと黄色いネバネバしたもの、これがプラーク(歯垢)です。むし歯菌の塊をプラーク塊(バイオフィルム)、これが食事のたびに栄養を取り込んで、酸を放出します。放出された酸が「エナメル質」内部に浸透して歯を溶かし(脱灰)、硬い歯がまるで豆腐のように柔らかくなります。この歯が柔らかくなった部分を一般的に「むし歯」と呼ぶのです。そこにむし歯菌が侵入して、さらに内部への穴の連鎖が続いていきます。


食事をすると、口のなかのむし歯菌にもエサを与えることになり、食後からしばらく時間が経つとは口の中はぐーんと酸性になります。このときに、歯からカルシウム等が溶け出し、ミクロのむし歯ができた状態になります。その後、唾液により口の中は中性に戻り、唾液の再石灰化作用により、カルシウム等が歯に戻ります。いつも酸性になりやすい食べ物を食べていると再石灰化によって修復される前にさらに深く脱灰されてしまい、修復が追いつかなくなります。これがむし歯の原因です。
詳しくは「脱灰と再石灰化」をどうぞ


したがって、むし歯にならないようにするためには歯ブラシでプラークを取り除く、食事や間食をだらだら取らない、寝る前に食事をしない(睡眠中は唾液が少なくなります)、フッ素で歯をコートし酸を溶けにくくする、唾液が出やすくする、プラークが溜まりにくい奥歯の溝を予め埋めておくなどがあります。
詳しくは「むし歯の予防方法」をどうぞ


虫歯になるメカニズム
脱灰、再石灰化とは
歯を削るのはどこまで?
むし歯の進行度
なぜ歯の神経をとるのか
むし歯ができやすいのは個人差?
むし歯の予防方法
虫歯の応急処置法