血液をサラサラにするお薬
当院では、脳梗塞や心筋梗塞、不整脈などで抗血栓薬(血液が固まりにくいお薬)を内服中の患者様が受診いたします。
 抗血栓薬を内服中の患者様では、術後の出血を心配し、抗血栓薬を数日間休薬した後に抜歯など観血処置を行うことが慣習化されていました。しかし、最近では、抗血栓薬を休薬しなくても、適切な止血処置により止血は可能であり、術後の出血のリスクは、健常者における抜歯と大差がないといった報告が散見されるようになりました。むしろ、休薬中に生じる重篤な血栓症(脳梗塞や心筋梗塞)が問題視される傾向にあります。
 このような状況をふまえ、当科では、抗血栓薬を内服されている患者様の抜歯などの観血処置を、原則的に休薬せずに行っております。そして、観血処置後の出血に関しては、創の縫合や局所止血剤の使用、止血装置(止血シーネ)などの止血対策をとっております。