腎臓のお薬(透析されている方など)
出血傾向
 腎不全末期に血小板機能を阻害する種々の代謝産物の蓄積があると、出血傾向が現れます。歯齦出血は稀でなく、鼻出血・消化管出血はしばしば救急医療の対象となります。 シャント(透析治療を行うために人工的に作成した動静脈瘻)の閉塞を防止する目的や、狭心症・脳血栓症・末梢循環不全などの治療のためにワーファリン・アスピリン・パナルジン・アンプラーグ等の抗血栓薬を使用している場合にも出血傾向が見られることがあります。
 また造血ホルモン(エリスロポエチン)発売以前から透析を続けていて、頻回の輸血を受けたことのある人はC型肝炎を持っていることがあり、ときには肝硬変もみられます。そのような場合には血小板数の減少と出血傾向が見られてきます。
 しかし安定期の透析治療を受けている患者さんは、特別の出血傾向を示すことはあまりありません。末梢血液中の血小板数は概ね正常値を示します。 
 
ヘパリン
 体外血液循環を行うためにヘパリンを使用する場合、成人では1時間に500から1000単位(0,5から1ml)が使用されます。血液透析は週3回ずつ行われますが、1回4ないし5時間の透析にヘパリンは通常4から5ml使用されます。ヘパリンの半減期はおよそ60分ですから、透析治療後2時間ほど経過すれば、臨床的に問題となる量のヘパリンは血中に存在しないと考えて良いでしょう。
 ヘパリンを使用しても、血液透析直後の歯科治療は易出血性と言う点からは問題ないことになります。しかし透析治療は過剰な体液の除去を重要な目的の一つとしているために、透析直後の患者さんは比較的脱水の状態にあり、ショックの予備状態にあると考えるべきでしょう。この観点からは、透析直後の歯科治療はできるだけ避けたほうが安全でしょう。