肝臓のお薬

治療内容には差はないのですが、治療の際に気をつけることは4つあります。

ヾ留蠅ある場合では
 院内感染の予防:
 歯科治療にも出血を伴う処置が多々あるため、院内での感染を防ぐ為に事前に予防策を講じています。

肝障害が重度になると、血液凝固因子の減少などで出血が止まりにくい状態になることがあります。当院では出血傾向がある場合には止血シーネを作成させて頂くことがあります。

4両祿欧砲茲辰得峽豕紊簀魴豕紊稜鵬を進める為貧血や感染症を起こしやすくします。またタンパク質合成能力の 
  低下でアルブミン量が少なくなる為傷が治りにくくなる傾向があります。

ご梁,任量物代謝・解毒機能が低下しているので、薬が効きすぎたり、副作用が強く出たりすることがあります。そ
  のような場合はすぐ医師に相談してください。

 もっとも歯科治療注意しなければならないのが、肝機能の状態がかなり悪化している場合は鎮痛剤(例えばロキソニンなど)の使用ができないことがあるのです。そのためかかりつけ医院に血液検査のデータを頂いてからの治療となることもあります。