野坂歯科医院のフッ素塗布

野坂歯科医院で行うフッ素塗布


毎日低濃度のフッ素で歯質を強化しながら、時折診療室で高濃度のフッ素を塗布することによって、フッ素による歯質強化の相乗効果があります。 使用するフッ素製剤も酸性・中性のものを取り揃えており、口腔内の状況に応じて使い分けています。 当院では様々なケースに対応できるよう、種々のフッ素塗布システムを導入しております。


1.綿球法フッ素塗布

フルオールゼリー・フローデンフォーム

ペースト状の高濃度フッ素を綿球に付着させて歯の表面に塗布していく方法です。 特別な器具が必要無く、あまりコストがかからないのが利点です。 その一方、唾液で濃度が薄まりやすい方法なので、バキュームなどが上手に入れられない小さなお子様などには十分な効果が発揮できないこともあります。


2.超高濃度フッ素塗布

根面虫歯


歯周病が進行してしまって歯根が大きく露出してしまった歯は、とても虫歯になりやすいです。歯根表面は歯冠と違ってむし歯に対して強い抵抗力のあるエナメル質が無いためです。 そのため歯根表面の歯質を強化していかないと根面むし歯にとてもなりやすくなります。

しかし大人の歯は成熟しているためフッ素の取り込みがあまりよくありません。そこで海外より直接取り寄せた超高濃度フッ素製剤を塗布することによって、効果的なフッ素塗布が行えます。


歯科医院で行うその他のむし歯予防

1.シーラント
シーラント前

むし歯が起りやすい場所が子供と大人では異なります。 大人のむし歯はほとんどが歯と歯の間や、歯と歯ぐきとの境目で起きます。
しかしお子様のむし歯は歯の表面にある溝が最もなりやすい箇所になります。 子供の歯はこの溝の部分が細く深く入り組んでいるために、どうしても歯ブラシが届かずむし歯になりがちです。
大人になればこの溝は唾液のミネラルの沈着によって自然に塞がるため、むし歯になりにくくなります。

シーラント後

そこでこの溝をフッ素を徐々に放出する材料で蓋をしてしまう方法がシーラントです。このシーラントによって歯の溝にむし歯菌が侵入することを抑制できます。