インプラント

インプラントの治療方法

 インプラント治療をお考えの患者様から多くいただくのが、「痛くないですか?」というご質問。インプラント治療で患者様がもっとも不安や心配に思われるのは、やはり「痛み」への恐怖のようです。野坂歯科では、手術を受ける患者様の立場に立ち、いかに痛くないインプラント治療をご提供できるかを追及し、痛みのない手術に努めています。
インプラントは安全・安心

インプラント埋入
                            
              


インプラント埋入方法
インプラントは抜歯の反対で歯を入れる操作です。麻酔をしてインプラントをいれますので痛みはありません。
「インプラント埋入方法」詳細はこちら
「インプラント料金表」はこちら

なぜ造骨が必要か・・・


インプラントの長期使用を可能とするためには、しっかりとした骨が必要です。骨が足りないとぎは造骨を行います。
「インプラント適応例」詳細はこちら

造骨手術各種


GBR
もっとも一般的な造骨手術です。抜歯してから骨欠損が生じた場合に行います。上下の歯に適応できます。 「GBR」詳細はこちら

サイナスリフト
上顎にインプラントを埋入するときに、高さが足りない場合に行います。上顎のみの適応します。 
「サイナスリフト」詳細はこちら

ソケットリフト
インプラントをいれるときに少しだけ上顎洞粘膜を挙上する方法です。同じく上顎のみ適応します。 
「ソケットリフト」詳細はこちら

ベニアグラフト

審美的な被せものに
必要なツール                                


ジルコニアアバットメント
土台が白いことで歯肉透過性に優れており、前歯部に適しています。臼歯部に関してはチタンによる土台を勧めています。
「ジルコニアアバットメント」詳細はこちら

 セデーションとは

 手術と言われると緊張される方がたくさんおられます。セデーションとは緊張を緩和する目的に少し眠くなる薬を入れて快適にインプラントをして頂く処置です、岡山大学歯科麻酔専門医による処置になります。


インプラント埋入方法
インプラント治療の流れ
なぜ増骨が必要なのでしょう?
GBR
サイナスリフト
ソケットリフト
インプラント治療例
ジルコニアアバットメント