虫歯の応急処置法

虫歯の応急処置法ってあるの?

歯医者では、「急に痛くなったので、とりあえず何とか応急処置をしてください!」といった相談を受けることがよくあります。しかし厳しいようですが、ひどく痛むようなケースの場合、応急処置程度の治療では、完全に痛みをとるのは難しいのが現実です。強い歯の痛みは、突然起こることはほとんどありません。違和感や軽い痛みがある状態と、痛みを感じない状態を繰り返し、悪化してしまうことがほとんどです。早めの治療を求めるサインを放置するのは危険です。

それでも痛い場所を何とかしたいといった場合は、

■まずは歯磨きをしっかり行なう
口の中を清潔に保つために、まずは歯磨きをしっかり行ないましょう。その後、うがい薬などを口に含み、痛む歯の周囲を行き渡らせてみましょう。

■市販の痛み止めを利用する
歯の痛みの場合、薬を利用することは痛みを少し和らげることが目的です。完全に痛みを抑えることは難しいので、むやみに用法・用量を増やすことは止めましょう。

■痛い場所では極力噛まない
痛くなる場所は、普段よく噛めていた場所だったりすることがあるので、食事などでは極力その部分で噛まないように注意しましょう。

ちなみに病院でよく行う応急処置は、以下の通りです。

■ 詰め物が取れた場合
詰め物が取れて歯に穴が開いてしまった場合。比較的小さな虫歯の穴などは、歯の神経を鎮静させるための薬を詰めて、一時的に穴を塞ぎます。水がしみる程度であれば一時的に改善します。

■ 差し歯が取れた場合
差し歯が取れた場合、歯が割れてしまっていることも多く、戻してもすぐ取れることがあります。この場合は差し歯が外れてしまった歯は抜かなければなりません。ただし、接着剤の役目をしているセメントの劣化が原因であれば、再び付けなおすことは可能です。

■ 歯がひどく痛む
咬み合わせを調整したり、鎮痛剤を処方します。しかし短時間の効果は期待できても、持続的に痛みを抑えることが難しいこともあります。いずれにしても早めに歯の神経を抜いたり、歯の根の内部の治療など、本格的な治療が必要なこともあります。

基本的にはサインが繰り返される期間に、一度病院に行きましょう。ギリギリまで我慢すると、すぐに何とかして欲しいのに、予約で待たされる場合もあります。しかし、緊急性が高い場合や痛くてガマンできない場合は、野坂歯科医院では、お待ちになって頂く可能性はありますが必ず処置を行います。

最後に、こんなに痛い思いをしないための虫歯予防法について。知っているのと知らないとでは、50歳を過ぎてから大きな違いになるかもしれません。