むし歯の治療

代表的な3つのむし歯治療法

1.樹脂などで詰る     

  (主に小さなむし歯)
              
小さな虫歯は、削り取った後、すぐに樹脂などで穴を塞げば治療が終わります。
歯を元の形に整えて、光などを当てて樹脂を固めます。治療が1回で済むので、通院の負担もかかりません。

「小さなむし歯の治療例」の詳細はこちら
2.型を取って、嵌め込む 

(主に中程度のむし歯)
                       
中程度の虫歯は少し深く削るので、樹脂で塞ぐだけでは済みません。
一度歯の型を取って、虫歯を削った部分にピッタリと収まる物を作ります。
材質は金属や樹脂などです。型はすぐにはできないので、治療には最低2回程度かかります。  

「中等度のむし歯治療例」の詳細はこちら

3.歯に金属などを被せる 

(大きなむし歯・深いむし歯)
                                 

大きな虫歯や深い虫歯の場合、歯と歯がぶつかり合う際の力に耐えるようにするため、虫歯の箇所以外に歯の周囲も削って被せることになります。
 2と同じく一度型を取りますが、歯に丸ごとかぶせる、被せ物を作ることになります。

「大きなむし歯の治療例」の詳細はこちら

 虫歯の治療は、この3種類のいずれかになることがほとんどです。
1→2→3の順に歯を削る量が増えるため、一度治療を進めた後では、ひとつ軽い治療法に変えることは出来ません。


代表的な3つのむし歯治療
保険と自費の詰め物・被せものの違い