脱灰、再石灰化とは

脱灰、再石灰化とは

      
食事のたびに「脱灰」と「再石灰化」は常に繰り返されています。歯の表面はプラークで覆われており、このプラークの中にはむし歯の原因菌が多く住んでいます。プラークの中のむし歯菌は、食べたり飲んだりしたものの中に含まれる炭水化物や糖を利用して、歯を溶かす「酸」を作ります。この酸によって歯からカルシウムイオンやリン酸イオンが溶け出します。この働きを「脱灰」と呼びます。「脱灰」に働く力が強くなったり、「再石灰化」に働く力が弱くなったときは脱灰が進んで歯がとかされて、むし歯ができてしまいます。
  健康な状態では「脱灰」と「再石灰化」の力は拮抗(バランスがとれていること)しています。しかし、「脱灰」に働く力が強くなったり、「再石灰化」に働く力が弱くなったときは脱灰が進んで歯が溶かされ、むし歯ができてしまいます。
 正常なお口の中では、唾液の働きによって唾液中のカルシウムイオンやリン酸イオンが再び歯の表面には沈着するので歯が破壊されることはありません。この働きを「再石灰化」といいます。脱灰の期間が長いため、再石灰化が追いつきません。そのため最終的にむし歯となってしまいます。脱灰と比べて、再石灰化している期間が長いのでむし歯にはなりません。