なぜ歯の神経をとるのか

そもそも歯の神経って?

どの歯にも内部には必ず歯髄が入っている
皆さんが「歯の神経」と呼んでいる歯の内部の痛みの感覚を生み出す元の部分は、「歯髄」と言われています。歯髄は単に痛みを感じる神経線維ではなく、極細の血管が走っており、動脈や静脈も存在している組織です。歯髄の役目は、主に象牙質と呼ばれる部分の栄養補給や修復などの働きがあります。さらに虫歯菌などの細菌が歯から体の中に入り込もうとするのを防御します。虫歯が歯の内部に進行して歯が痛くなった時点では、すでに、歯髄の虫歯菌への防御が危うい状態になっており、防御できなくなると、歯髄が炎症を起こして、強い痛みを引き起こします。

      歯の構造
歯はエナメル質、象牙質の中に歯髄(神経)があります。痛みを感知しているのは歯髄です。
       歯髄炎  
神髄(神経)にむし歯が到達すると熱いものがしみる、ズキズキするなどの症状が発生します。

    根尖の膿
膿の出口がなくなると痛みが生じます。しみるなどの症状はありませんが激痛が生じることがあります。


歯を抜きますか? 神経を取りますか?
抜歯
 自然治癒がほとんど起こらない虫歯の治療では、歯の痛みに対して、一番単純で確実な治療法は、抜歯です。炎症を起こしている神経部分を含めて、歯を丸ごと抜いて治癒させます。
神経の治療
 抜歯ばかりしていると虫歯になるだけで、歯がどんどん失われてしまうことになります。そこで痛みの原因である内部の神経だけを取ることで、歯を抜かずに、機能や形を再生するさせるのです。抜歯に比べれば、時間や期間、費用などもかかりますが、歯を残すための最後の手段として用いられるのが一般的です。