保険と自費の詰め物・被せものの違い
保険・自費の詰め物・被せ物はどう違う?
歯に使う詰め物や被せ物は、なるべく目立たない方がよいですよね。保険の範囲内の被せ物などは、基本的に機能回復に重点が置かれるため、治療費が少なくて済む代わりに、見た目がよくない銀色の金属だったり、材質が磨耗して治療跡がしだいに目立つことがあります。しかし、より自然の歯に近い見た目にこだわりたい場合は、健康保険が適応されない自費負担で、材質のグレードを上げることもできます。

自費負担になる主な材質は、次の3つです。

■ セラミック
保険適応では、銀歯になってしまう被せ物も、自費負担でセラミックを使用することで、目立たない自然の歯のような仕上がりにすることができます。さらに年数が経過しても変色せず、耐久性にも優れています。

          保険外                             保険内

■ ハイブリッドセラミック
セラミックの成分と樹脂を混ぜ合わせたようなタイプで、白い色をしています。一度型を取った後ピッタリ嵌め込むようなタイプでは、保険適応では、銀色の金属が歯に埋め込まれたようになりますが、これを使用すると、歯と同じような色になるため、目立たなくすることが出来ます。


            保険外                               保険内
   
■ ゴールド
実は歯の被せ物で、見た目を除いて、機能面で最も理想的な材料は、金合金です。金属アレルギーも起こしにくく、歯と同じような熱膨張係数のため、食事などの温度変化が口の中で起こっても、歯に負担が掛かりません。さらに歯と同じような硬さのため、使用に伴い歯と同じように磨耗してくれます。そのため咬み合わせや、顎関節などに負担を与えにくいというメリットがあります。今でもその優れた機能性は多くの専門家に支持されています。その他、歯に使う材料だけでなく、より精度を追求したり、特別な技術で治療を行なう場合には、健康保険の適応外で自費診療になることがあります。