むし歯の進行度

むし歯の進行度は「C0(シーオー)〜C4(シーフォー)」という5段階で表します。C0とは、エナメル質表面が一時的に溶けている状態(脱灰といいます)ですが、むし歯の穴が無いため、あえて治療しなくても再石灰化という自己修復作用で、自然に治ってしまう可能性のある状態です。 「歯の構造について」はこちらをどうぞ

C0   ■エナメル質表面が一時的に溶けている状態で、むし歯の穴がないため、治療しなくても再石灰化により、自然に治る可能性のある状態。ほとんど無症状、まれに水がしみる。
■治療法
歯を削る必要はありません。自然の唾液の力で再石灰化します。
C1 ■症状:むし歯による歯の脱灰がエナメル質にとどまったもの(まれに水がしみる程度でほとんど無症状)。
■治療法
方法1:白い樹脂のようなものでで穴を塞ぐ。
方法2:一度型をとってから、金属やレジンなどを歯に埋め込む。
C2 ■症状:むし歯による脱灰が象牙質まで進行したもの
(歯がしみたり、ときどき痛みが出ることもある)
■治療法
方法1:白い樹脂のようなものでで穴を塞ぐ。
方法2:一度型を取ってから、金属や樹脂などを歯に嵌め込む
C3 ■症状:むし歯が進行して、歯髄(歯の神経)まで達したもの
(お湯がしみたり、夜眠れないほどズキズキ強い痛みが出る)
■治療法
方法1:神経の治療を行う。
方法2:一度型を取ってから、金属や樹脂などを歯に嵌め込む
方法3:金属やセラミックなどを歯に被せる
C4 ■症状:むし歯が進行し、歯の頭の部分(歯冠部)が崩壊して根だけ残った状態(痛みにならず比較的症状が落ち着いていることが多い)
■治療法
1.抜歯する
2.土台を作り被せる