歯周病の治療ヘッダー

歯周病と喫煙

喫煙は全身疾患や歯周病の大きな危険因子

喫煙はカラダによくないと多くの方が理解しているにも関わらず、習慣化すると禁煙するのが難しくなります。しかし、昨今の禁煙ブームで、喫煙者が減少しているのも現状です。歯周病と喫煙についてあらためて理解を深めましょう。  
   
 
喫煙者は歯周治療が困難に・・・

タバコを吸っていると、歯周病になりやすいだけではなく、歯周病に罹ってしまった時の治療効果もでにくくなります。最近の調査では、喫煙者は非喫煙者に比べて2倍から8倍も歯周病に罹る割合が高いことがわかってきています。

 
喫煙者は歯周病の症状の現れ方が違う!?

喫煙により歯ぐきの毛細血管が収縮するため、出血がおこりにくかったり、発赤していなかったりすることがあり、歯周病に罹っていることをより自覚しにくい状態となっています。さらに、歯ぐきの防御機能が正常にはたらかなくなるので、歯周病菌に対する抵抗力が弱まって、歯周病が悪化しやすくなってしまいます。 

 
禁煙すれば治療効果があがる?

歯周治療の効果は、禁煙すれば上がりやすくなることが報告されています。喫煙によって少なくなっていた出血は、禁煙することで増加しますが、これは血流が回復してくるためだと考えられています。