歯周病の治療ヘッダー

歯周病は感染症

歯周病は感染病

からだの病気の多くは、ばい菌(細菌)が侵入することによって起こります。歯周病も細菌が歯肉に感染して広がる感染症なのです。口の中には腸の中にいる細菌と同じように、口腔常在菌と呼ばれる細菌が住み着いていて、「良い細菌」と「悪い細菌」が同居(共生といいます)しています。

健康な時にはそのバランスがとれているのですが、歯磨きを怠ると口の中の「悪い細菌」が増えてきて病気を起こしやすくなり、歯肉に炎症が生じます。つまり、炎症というのは人間のもちあわせた細菌に対する防衛反応で、からだの危険を知らせてくれるサインのようなものです。歯肉は炎症で赤くなったり、はれたりしますから、今、自分が病気になっているかどうかは、鏡をじっくり見ることで楽に発見できる場合が多いのです。