歯周病の症状と進行度

■歯肉炎(歯周炎) 

歯周病の初期
 

 <症状>
歯茎に歯ブラシをしっかり当て、ゆっくり動かすと、出血することがある。歯磨きを1回でも忘れると、歯がうずいたり、歯茎が腫れぼったく感じることがあるなどが特徴、一般に初期の段階では、無症状なことが多い。
<内部の状態>
歯の周囲の歯茎に隠れてしまう場所に歯石などが付着し始めます。歯を固定している骨のダメージはほとんどありません。歯石を取り歯磨きをしっかり行なえば改善します。

■歯周病


歯周病の中期

 
中期は、歯石を取ると歯茎がやや下がるのが正常
<症状>
水がしみるようになり、歯磨きすると歯茎から出血する。歯茎がときどき腫れたり、治ったりを繰り返すことがあります。また歯茎を押すと膿が出たり、歯茎から臭いがすることがあります。初期の段階から数年経過すると見られることが多いです。
<内部の状態>
初期よりも歯の周囲の深い場所に、内部に歯石などが付着している。歯にぐらつきは無いものの、周囲の骨も溶け始めます。歯と歯茎の溝が深くなり歯磨きだけでは、汚れが取れないため、進行が止まりにくいのが特徴です。
 
歯周病の末期 


末期は、単独の歯では機能しないため、他の歯との連結の可能性もあります。
<症状>
歯をかみ合わせるだけで、ぐらついたり、痛みがでたり、歯の周囲を指で押すと白い膿が歯の周囲からにじみ出ることがあります。歯磨きの際、毎回のように出血します。
 <内部の状態>
歯の根の先の奥深い部分まで、歯石の付着しています。歯茎が歯を固定せず剥がれている状態。歯を支える骨も溶けてしまっていることが多いです。