歯周病の治療ヘッダー

歯周病と糖尿病

歯周病治療で糖尿病もよくなる?

  最近では、歯周病も糖尿病へ影響を及ぼすと考えられるようになってきました。細菌が身体に進入してくると、身体を守る働きが起こり、炎症という状態になります。その際に作られるサイトカインという物質の中には、血糖値を下げるために分泌されたインスリンの働きを阻害するものがあり、インスリンの効果が現れない状態となります。その結果、血糖コントロールが難しくなるといわれています。逆に、糖尿病の患者さんの歯周病を治療することで、血糖コントロールが改善し、重症度の指標である血液中のHbA1c濃度が低下するとの報告があります。
 
  歯周病の予防・歯周治療を成功に導くために重要なことは、その原因となっている細菌の数を減らすこと、つまりプラークを除去することです。プラークを除去し、お口を健康に保つには、歯科医院でのプロフェッショナルケアに加え、自分自身で行うホームケア(セルフケア)が大切です。正しいホームケアを行うためにも歯科医院を定期的に受診し、歯科医師や歯科衛生士による指導を受けることをおすすめします。 当院は鳥取大学第一内科と歯周病治療と糖尿病の血糖コントロールの改善に関連して共同研究を行っております。詳細はこちら