歯磨き粉はどれを選べばよいですか?
歯磨き粉にはフッ素配合されているものが一般的です。しかし、配合されていてもフッ素濃度は低ければむし歯予防効果はありません。うがいができる学童期からは950ppm程度、うがいだできない場合は500ppm程度のフッ素配合された歯磨き粉を使用しましょう。