むし歯ができやすいのは個人差?

                        実は再石灰化を促進する唾液の緩衝能は個人によってその強さが違います。残念ながらこれは体質ですので変えようがありません。さらに、しょっちゅう食べ物を口にしていると再石灰化によって修復される前にさらに深く脱灰されてしまい、修復が追いつかなくなる状態になります。これが虫歯の成因です。

 

 

「むし歯の予防について」
の詳細はこちら

 

 

 

 

最近ではこの能力を精一杯期待して初期のほんの浅い虫歯(co,Caries for Observationと呼びます )は、さらに悪くならないように注意してお手入れをしながら再石灰化による自然の修復を待つ様な考え方が主流になっています。ただしこの早期の虫歯とよべる段階は見極めが難しく、経験のある歯科医でも経過を見ながら観察を続けることが必要な程ですからみなさんで勝手に判断するのは危険だと思います。