フラップ手術(中期〜末期の歯周病)

 

もしポケットが改善せず、プラークコントロールが十分にできない場合は外科的に歯石を除去します。     

(注意)すべての症例で歯周外科を行うわけではありません。ほとんどがこの前段階のルートプレーニングで大幅な改善が見込まれます。但し、前段階で全く改善しないときにはフラップ手術を行うことがあります。

スケーリング、ルートプレニングでは、歯と歯茎の隙間に器具を挿入して、歯茎の中を、主に手探りで歯石などを取り除きますが、フラップ手術では、麻酔後に歯の周囲の歯茎を切開して、歯茎の奥の汚れを直視下で取り除きます。
「歯周病治療の料金」の詳細はこちら

外科的にポケットを除去して磨ける形態に修正する手法です。

 最後に検査をしてポケットが改善したかを確認をします。

その後ポケットが改善した場合は、定期健診に入ります。ポケットが深かったり、歯の動揺が著しい場合などは間隔を短くして経過観察をします。