なぜ増骨が必要なのでしょう?

通常埋入が可能例

正常にインプラント埋入ができる場合はこのようにしっかり骨がある場合です。骨の高さの目安は約8mm以上必要とされています。しっかりとインプラント入れないと長期にインプラントを維持することが難しくなります。

通常埋入が不可能な例

インプラントを行うためには骨がないと行うことができません。そこで骨が不足した場合は骨造成手術を行います。

上顎:インプラントを埋入するときには上顎洞までの距離が足り
ない場合。

下顎:下歯槽神経という神経が下顎にはあります。これを損傷すると、唇や顎のところにしびれが生じることがあります。