口臭について

     

病的口臭
   
 病気の症状として常に発生する口臭
むしろい歯や歯周病など歯科的な問題(歯周病など)があったり、歯石がたっぷりついていたりするとにおいが強くなる口のにおい。内科的な病気の症状としてあらわれることもあります。多くは周囲の人が不快に感じるほど強い臭いなのですが、不思議なことに本人は気がつかないことが多いのです。

生理的口臭

健常者が生活習慣や精神的肉体的ストレスによって、一時的に病的になり、口腔や全身の生理的機能のバランスを崩して、口腔の生理的恒常性が一時的に維持できなくなり発生する口臭。老若男女、民族、観光状態とは関係なく起こる口臭。誰でも生活のリズムや習慣、精神的状態に応じて口の臭いが発生します。口の中が不快に感じることがあるので「今くちの臭いが気になる」と気づきますが、これが心と体の条件により変化しているということはまだまだ理解されていません。

生理的口臭が発生するときはこんなとき


緊張時口臭  
                                        

精神的な不安や緊張を感じると一瞬で口の中も緊張して唾液の流れが停止しまいます。すると口の中がネバつく不快感症状がおこると同時にニオイが起こることがあります。しゃべりはじめの息は特に臭くなります。
空腹時口臭 空腹になると血液中の代謝産物の影響と口腔内の生理的希望が悪化して、呼気(吐き出す息)および口からの悪臭が発生します。朝食を食べなかったとき、午前中いっぱい、とくに昼食前にニオイが強くなります。空腹のまま緑茶やコーヒーを飲んだりするとさらに口腔内の乾燥を進んで悪化してしまうので注意が必要です。

 

起床時口臭

 

起きてすぐのときは睡眠中に口の中がカラカラになり、口腔内の最近が爆発的に増えることから起こります。
飲食時の口臭 食物(例えばにんにく)や飲料(アルコール類)の摂取による口臭。口の中の環境が変化するために唾液の量が減ったりすると舌表面にニオイを起こす物質が定着することでにおいが発生します。


思春期口臭

血中ホルモンの変化や代謝が関係してはき出す行きや唾液が臭うことがあります。

生理時口臭
女性の場合、毎月生理時に精神的不調・体調不良からニオイが起こることがあります。


夕方の口臭

(疲労時口臭)

夕方付近に空腹と疲労から口のなかの環境が悪化したりして口臭を引き起こします。