被せもの(大) フルクラウン 
金属の被せもの(保険内)
 「フルクラウンの料金」の詳細はこちら     
 白い被せもの(保険外)
「保険と自費の詰め物・被せものの違い」 詳細はこちら
  

(治療の流れ)
  step1
神経がある場合は麻酔をしてから歯を削っていきます。神経の治療が行われている場合は麻酔をしなくても痛みはありません。また根の治療を行った後では歯質が弱くなっているため全体を被せる方が安全とされています。
step2
歯の形を整えます。この段階でむし歯が取り除くことができれば、そのまま次の型取りに入ります。もしむし歯が神経に到達していた場合は、根の治療を行います。また若年者の歯髄を保護するために歯を削らずに治す方法もあります。

「なぜ神経をとるのか」詳細はこちら
「むし歯を削らずに治す治療法」詳細はこちら
step3
型取りの前に、保険外の治療とするか保険内とするかを確認を行います。
step4
被せものが完成したら、色紙のようなものでかみ合わせをチェックします。もしかみ合わせが不安定な場合は仮着して経過をみます。
step5
最終的なセメントで合着します。セットした後、余剰なセメントを除去します。
step6
最終的な被せものです。これはフルクラウン(保険内)の被せものです。