口内炎が痛い。

一般的によく見られるのは「アフタ性口内炎」と呼ばれるものです。

■ 原因
残念ながら原因は不明です。特定の原因でなるというよりも、体質や体調、体の抵抗力などのバランスが崩れやすい、睡眠不足や疲労、ストレスなどが原因で、現れることが多いようです。
■ 大きさや形
1〜10mm程度の円形かそれに近い形です。中心が白っぽくみえ、その周囲は赤い色で囲まれたようになっています。数個が同時に現れることもあり、多発性口内炎と呼ばれます。
■ 出来る場所
口の中の歯以外(歯茎、粘膜、舌、唇など)部分のどこにでもできる可能性があります。よく見られるのが頬の粘膜や舌の側面、下側などです。
■ 症状
小さいうちは、違和感が若干ある程度ですが、大きくなると食べ物や舌で触れただけでも痛みます。このため子どもの場合は、症状を的確に伝えることが出来ずに食欲がなくなったり、水を摂るのも嫌がることがあるので脱水に注意します。

注意する口内炎

アフタ性口内炎はおおよそ2週間で治癒します。治癒しない難治性口内炎といわれるものは特に注意が必要です。
「注意が必要な口内炎」詳細はこちら